ダイエット 体重

体重を減らしたい!ダイエットで6キロ痩せる奮戦記☆

▼MENU

ダイエットの成功には運動と栄養が大切

ダイエット奮戦記!どっちが良かったかというと♪
お嬢様酵素

お嬢様酵素
お嬢様酵素のダイエットプログラムには、じっくり基本プログラムと短期集中!速攻プログラムの2種類あります。お嬢様酵素のコンセプトはただ痩せることにだけあるのではありません。ダイエットとともに「美と健康」を追求したい方にオススメです。

夜スリムトマ美ちゃん

夜スリムトマ美ちゃん
累計300万個販売!夜スリムトマ美ちゃん6粒に対して、トマト3個分のリコピンが凝縮されています。その他にも金時生姜、大豆イソフラボン、キャンドルブッシュ、ビタミンB1、B2等が配合され、ポリフェノール、ミネラル、鉄分も豊富に含まれています。



ダイエット
知らぬ間に6キロも体重が増えたことで、早く痩せる方法をさがしています。

適度な
運動と食事改善に継続的に取り組むことが、ダイエットの成功のため心がけたいことです。

ダイエットを成功させるには、とにかく食事の量を減らしてエネルギーを取り入れないことだと考える方もいます。
とはいえ、食事に含まれる栄養が人の体にどんな影響を与えているか知ることは、ダイエットを成功させるための第一歩です。

一般にダイエットメニューで思い浮ぶ食品といえば、海藻類、こんにゃく、野菜、魚などが挙げられます。
しかし、どの食材にどんな栄養成分が含まれており、それが体内でどういった作用をもたらしているか知らずにダイエットに使う人は少なくないようです。

期待した結果が出ないからとダイエットを志半ばでやめてしまったという方も大勢います。
ダイエットの成功に必須である運動も似たようなことがいえます。

ダイエットの成功を目指すのであれば、体を動かす時も何となく手足を動かすという方法では不十分です。
様々な運動のなかでどの運動を取り入れれば、無理なく健康的に痩せることができるのかを考えましょう。

どのくらいのペースで、どの程度の運動量をこなすかがダイエット成功の鍵となります。

今までの食事量や運動量を踏まえた上で、食事改善やダイエット運動について定めます。どんな手順でダイエットをするか、目標をどこに設定するかなどは、ダイエットを成功させるためには必要なことです。

ダイエットで痩せる必要性

女性

ダイエットで痩せることは必要に応じて正しく行うことがとても重要です。

ただやみくもに細くなりたいという理由だけで、体に負担のかかるダイエットを行うのは時にとても危険です。
生理がストップしたり、心身のバランスを崩して摂食障害を起こすこともあります。



肥満体型のために健康に支障がある人は、医師から見てダイエットが必要です。
自分が肥満体型かどうかは、BMIを計算して標準値と比較してみればわかります。

体重÷(身長×身長)の結果がBMIです。
この数字が25以上であれば、医学的には肥満とみなされます。

  • BMI25~30は肥満度1
  • BMI30~35は肥満度2
  • BMI35~40は肥満度3
  • BMI40以上は肥満度4
という区別がされ、いずれも肥満症と見なされてます。

医学的な立場からは、肥満体型の人はダイエットをすることが求められます。
統計的に、標準的な体重よりも体調を崩しやすいためです。日頃からほとんど体を動かしていない人、食べ過ぎることが多い人が肥満になりやすいようです。

糖尿病や高血圧になりやすいことが、肥満の体型に対しては報告されています。
そのため血管への負荷が大きくなるといいます。

医学的に見た場合、肥満体型は早めに解消するべくダイエットを行い、可能な限り標準体重を保つように心がけることが求められるのです。
ダイエットは、痩せることで健康を保つことが大事ですね。


ダイエット商品売上NO,1
矢印
お嬢様酵素


リバウンドの原因とは

リバウンドは、ダイエットの後にはまるで常時発生するかのように、いつも問題視されることのようです。
リバウンドの原因は一体なんなのでしょうか。

ダイエットで減った体重以上に体重が多くなってしまうことも珍しくありません。
ダイエットにとり組む日本人の約6割が、ダイエット後のリバウンドをしたことがあるといいます。

きついダイエットを成功させて念願の目標体重に到達したものの、リバウンドで台無しになってしまっては辛いものです。
ダイエット後に何度もリバウンドをしていると、いずれはダイエットに不向きな体質になってしまうようです。

リバウンドは、ホメオスタシオスという人が持ち備えている性質が原因となって起きます。
もう一つのリバウンドの原因としては、レプチンの量と満腹感の関係があげられます。

これら2つの原因を回避することで、リバウンド対策ができるといいます。
リバウンドの原因を把握して、リバウンドしないダイエットにとり組むようにしましょう。

ダイエット

PR